travel

韓国旅行へ行く前に知っておきたい韓国のこと②

travel
スポンサーリンク

韓国の食文化

韓国も日本と同じお米が主食です。

食堂で料理を注文するとキムチやナムルなどのおかず(パンチャン)がたくさん出てきます。

韓国ではおもてなしの精神で食べきれないほどの食事を出されることがありますが、

食事を残すことで、「お腹いっぱいいただきました。」というサインになります。

日本は残さず食べましょう、なので全部食べ切らなきゃという気持ちになりますよね、、

でも韓国では全部食べてしまうと「まだ足りません。」と捉えられてしまうので残しても全然OKです。

店員さんが水を注いでくれるようにキムチもお皿に盛ってくれるので最初はびっくりでした!


韓国といえばキムチ!ですが、なんとキムチの種類は200種類超え!

調べたらみかんやシャインマスカットもキムチになってました( ゚Д゚)


食事のマナー

韓国では箸とスプーンを使いますが、ご飯と汁物はスプーン、おかずは箸と使い分けます。

どちらか一方を使い、使わない方は食卓に置きます。箸休めで器に置くのもダメなんです。


日本もそうですが、食事中に音を立てて食べるのはNG。

目上の人が箸をつけてから食べ始めます。


韓国では器は持たず置いたまま食べる、スープにご飯を入れて食べるのも韓国ではOKなんですね。

床に座って食べるとき、男性はあぐら、女性は片膝を立てるのが韓国式 

日本で片膝立てて食べたら怒られますね(;^ω^)


ソルラルとチュソク

ソルラルとは旧正月のこと。(中国やベトナムなどでも旧正月のお祝いをしますね)

陰暦の1月1日、一年のはじまりを祝う韓国の名節です。

毎年旧正月の日にちは変わります。大体1月末~2月の中旬で

2021年は2月12日(金)が旧正月の当日でした。


チュソク(秋夕)とは、旧正月(ソルラル)と並ぶ代表的な韓国の名節。

毎年秋夕当日とその前後1日ずつが祝日となり、親戚一同が故郷に集まって先祖の墓参りをしたり、

秋の収穫に感謝したりします。

「旧暦の8月15日」をチュソクとしているため、新暦である現代ではこれを置き換えて

考えるため毎年チュソクの日にちは変わります。


4~5日の連休になるため帰省する人も多くお店も休業しているところが多いので

韓国に行くならソルラルとチュソクの日にちは要チェック!



[ad]

タイトルとURLをコピーしました